医療法人社団 城東桐和会

あんしん、まごころ。タムスグループ

東陽町駅前クリニック
メニュー







 

『しみでお悩みの方へ・・・』

Qスイッチルビーレーザーは、しみなどの治療に使用されているレーザー治療機器です。しみの原因となるメラニン色素を効果的に破壊することに優れています。当院ではJMEC社製のThe Ruby nano_Qで治療を行います。

Qスイッチルビーレーザーとは

Qスイッチルビーレーザーは、発振媒体にルビーを使用し、694nm の波長を用いた色素性疾患に有効なレーザーです。
メラニンの異常組織だけを破壊し、コラーゲンやヘモグロビンの正常皮膚組織にはダメージを極力与えないで治療します。

Qスイッチルビーレーザーで期待できる効果

Qスイッチルビーレーザーは、顔全体に広がるしみやそばかすを治療できます。
しみやそばかすの原因は、紫外線から皮膚を守るために過剰分泌されたメラニン色素です。
ルビーレーザーの光は、メラニン色素によく反応する出力で照射します。正常な組織への影響を最小限に、メラニン色素に限定して破壊することが可能です。
破壊されたメラニン色素はかさぶたのようになり、体表へ排出されます。メラニン色素が皮膚の深い部位にある場合、体内で分解後に体外へ排出されます。

しみの治療について

「しみ」と言われるものには、老人性色素斑(老人性しみ)、脂漏性角化症(老人性いぼ)、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)、雀卵斑(そばかす)、肝斑などがあり、適切な診断のもと、患者さまのお肌の状態や治療目標に合わせた治療方針の選択が不可欠です。しみの性状は患者さまごとに様々、十人十色であり、レーザー治療以外の内服、外用治療をおすすめすることもあります。
当院では、経験のある医師がそれぞれに合った治療法をご提案致しますので、まずはご相談くだい

痛みについて

Qスイッチルビーレーザーは一般的に「パチンと輪ゴムではじかれたような痛み」と例えられ、施術箇所を氷冷し痛みを抑えます。
小範囲における施術の場合、麻酔は不要です。
照射直後、治療部位が少しひりひりしたり、赤くなることがありますが冷やすと落ち着きます。

治療後の注意点

施術後の1~2週間は、ガーゼやテープでの保護が必要です。
カサブタが取れた時にしみはきれいに取れるのですが、治療の3~4週間後に炎症後色素沈着を起こす可能性が40%~50%程度あります。最初のしみよりもっと濃く目立つ場合もあります。この色素沈着は3~6ヶ月で次第に薄くなり、最終的には薄く目立たなくなります。紫外線は色素沈着を増強させるのでUV対策をして下さい。

治療経過(例)

治療直後:
レーザー照射直後は白くなりますが、翌日には褐色になりカサブタ化してきます。内出血することもあります。
3日後:
うす板状のカサブタをはがさないように、軟膏とガーゼで保護します。
10日後:
カサブタがはがれてピンク色の肌になります。
1~6ヶ月後:
1カ月後は色み(赤みや茶色み)が目立つ時期です(色素沈着※)。3~6カ月程かけてすこしずつ目立たなくなってきます。

副作用

※色素沈着とは、
レーザー後の炎症による状態(炎症後色素沈着)です。例えば、すり傷や水ぶくれを伴ったやけどが治った後に色み(赤みや茶色み)がしばらく続くことがありますが、それと似た状態です。治療前のしみよりも一時的に濃くなることがありますが、3~6カ月ほどかけて少しずつ目立たなくなってきます。

自費診療の料金(税込)

『Qスイッチルビーレーザーご相談の予約はWEB予約の「美容の診察」から行えます』

お肌の状態を把握するため、診察前に必要に応じてメイクを落としていただきます。また、レーザー治療時には、メイク落とし(UVクリームや基礎化粧品を含む)は必須になります。クレンジングのご用意はございますが、使い慣れたご自身のものをお持ちいただくことは可能です。

 

以下の方は、レーザー治療ができませんのでご注意ください

妊娠中・授乳中、妊娠の可能性のある方や、光線過敏症、治療部位に金の糸や金属プレートを埋め込んでいる方、肌色や白色のアートメイク・刺青を入れている方、抗凝固薬、抗血小板薬など血液をさらさらにする薬、リウマチ疾患お持ちで金製剤を服用中の方など他にもございますので、医師にご相談下さい。